『サポカー補助金』政府が補正予算案を閣議決定!

新車購入で最大10万円補助『サポカー補助金』2019年12月13日政府が補正予算案を閣議決定!

 

 政府は2019年12月13日に閣議決定した令和元年度補正予算案に、65歳以上の高齢運転者が、

安全運転サポート車の購入などをする際、新車購入で最大10万円、後付け装置導入で最大4万円の補助

を行う『サポカー補助金』を盛り込んだ。

 ●補助対象者 令和元年度中に満65歳以上となる高齢運転者。また、高齢運転者を雇用する事業者も

          含まれる。

 ●補   助   額   ① 衝突被害軽減ブレーキ及びペダル踏み間違い急発進等抑制装置を搭載する車を購入する場合

              登録車は10万円  軽自動車は7万円  中古車は4万円

          ②衝突被害軽減ブレーキを搭載する車を購入する場合

                登録車は6万円  軽自動車は3万円  中古車は2万円

          ③現在ある車両に後付けする装置導入に関わる後付け装置導入補助事業

             後付けのペダル踏み間違い急発進等抑制装置であって、

             障害物検知機能付きで4万円   障害物検知機能なしで2万円

 国土交通省や経済産業省によると、補助金の対象となる具体的な対象車種・グレード(新車・中古車)や

対象となる後付けのペダル踏み間違い急発進等抑制装置は、今後設置される「サポカー補助金に関する審査

委員会(仮称)」による審査を経て決定・公表される。

 補助金の対象期間は今後発表予定で、申請受付については補正予算成立後速やかに同事業実施者を決定して

開始予定。事業の詳細や補助金の申請に当たって必要な手続きは、同事業実施者より公表予定。

参照 国土交通省ホームページ